マイホームやローンを残して債務整理できるのが個人再生

あーーー!やっと25日だ!!給料日だぁーーー(^O^)

なんて喜べるのは今日だけ。。。

給料が入ってもそれはただ支払に消えていく・・・・(゚◇゚)

しかも返済額に足りてない!?

 

またどこから借金すればいいんだろう(_ _。)・・・

 

こんな生活続けているあなた。

早く脱出したいですよね。

 

そりゃそうです。脱出したい。でもマイホームは手放したくないんです。

車もなかったら仕事にも行けなくなってしまうんです。

だから破産なんてできない!!

どうにかこの生活を繰り返していくしかない・・・・

 

こんなふうに思う必要はないんですよ(^O^)

せっかく買ったマイホームや車を手放さなくてもあなたを今の生活から解放してくれる方法があるんです。

 

それが個人再生

 

住宅ローンは抜かしたその他の借金が減額されて3年で支払っていくものです。

 

マイホームを購入したときは生活の目安ってたっていましたよね。

でも人生は予定通りってことはありません。

 

突然冷蔵庫が壊れたり!家族が病気になったり・・・

給料が上がっていくはずだったのに上がらない。

子供の進学、習い事・・・等々。

 

借金が膨れ上がってしまっても仕方ないのです。

 

でも個人再生をすればマイホームを購入したあの頃にもどれるかもしれません!!

1004

借金を整理するとなると全てを失ってしまうと思うかもしれませんが

この方法で自分たちの生活を取り戻している方がたくさんいます。

 

まずは自分が個人再生できるのか!?

借金問題を放置しておくのではなく今すぐ弁護士に相談してみましょう!!!

個人再生をもっと詳しく知る

個人再生と任意整理の違いとは?

「借金が返済できない方!!悩んでいないでご相談を(^O^)」

最近CMでよく聞く債務整理。

なんだか借金の支払いが楽になったり、過払い金が戻ってくるとかいってますが

よくわからないですよね。

1003

債務整理は借金の整理をするということです。

いろいろな整理の仕方がありあなたがどの方法で借金を整理すればよいか決まります。

その中でも個人再生任意整理がありますが違いって何なのでしょう?

 

どちらも債権者と話し合いをし借金額を減額してもらったりする方法ですが

個人再生はたくさんの借金があるけれども自己破産はしたくない方のための再生法なのです。

自己破産をすると家や車など財産を全てなくしてしまいますが

個人再生はその財産を守りながら借金を返済していくという方法です。

自己破産と同じく裁判所を通す必要があります。

借金を3年で返済していくという決まりがあるので大変ではありますが

借金でつぶされそうになっている現状から再生させてくれる方法です。

 

任意整理は借金の額が破産するほどではなく

利息などをカットしてもらったり支払期間をのばしてもらえば支払うことができる方が行う方法。

裁判所を通さなくてよく債権者との話し合いで和解してもらえばできるのがメリットです。

借金の額があまり多くなくまたたくさんの所に借りていないという方ができます。

 

弁護士に相談することで自分がどちらの方法で債務整理したらいいかが分かるので

まずは相談することから始めましょう(^O^)

 

個人再生と自己破産の違いとは?

債務整理を考えてはいるけれど種類もいろいろあって

自分がどの方法でやればいいかわからない方って多いです。

 

個人再生自己破産の違いをしっかり知っておきましょう。

 

個人再生も自己破産も借金が払えなくなった方が選択するものです。

しかし家や車など自分の財産がある方はそこがどうしてもネックになり

どうにか債務整理という方法をとらずに限界まであがこうとしているのではないでしょうか。

 

 

そんな時にその借金を減額し整理できる方法が個人再生です。

話し合いにより利息を計算し直したりなどして3年でその借金を債務者に返済するという方法で

その決まった金額を滞りなく支払うことを約束をすることにより

家や車などの財産を処分しなくても債務の整理ができるというものです。

1003

ただこの場合毎月決まった所得が必ず入るということが必要になってきます。

ですから個人再生はサラリーマンの方が選択できる方法なのです。

 

支払期間も決まっているので整理してみたら

今までより支払額が多くなってしまった(T△T)なんていうこともあります。

 

このような状態になってしまっているときは自己破産を選択するしかありません。

自己破産は全ての借金がなくなるというものです。

 

 

でも財産といわれるものは全て売られてしまいますので

家や車などは持ち続けるのはかなり難しいでしょう。

車の場合例えば10年前の中古車であまりに価値のないものと判断されるものは自分の手元に残ります。

自宅の消しゴムやスリッパなど根こそぎ持っていかれるわけではないのでご安心を。

 

自分の財産がない場合は間違いなく自己破産をすることがいいでしょう。

 

小規模個人再生と給与所得者等再生の違いとは?

債務整理にはいろいろな方法がありますが

持家などがあるけれども借金が返すことができないとか

自己破産してしまったら仕事上で働けなくなってしまうという方は個人再生を選択することになります。

 

1001

個人再生の良いところはやはり自己破産とは違い

自分の資産をなくすことなく借金を減額できるところです。

原則3年でその借金を支払う計画を立ててしっかり払っていくわけですが

事情があった場合は5年まで延長してもらうこともできるので

資産がある方で任意整理を考えている方は個人再生を選択するべきです。

 

 

個人再生の中には小規模個人再生と給与所得者等再生の2スタイルがあるのですが

この違いが分からない!という方が非常に多いです。

 

どのような点が違うかといいますと

簡単にいってしまえば

自営業の方は小規模個人再生!

サラリーマンの方は給与所得者等再生!となります。

ただサラリーマンの方は小規模個人再生も選択できます。

 

ここで最も注意が必要なのは

小規模個人再生は債権者があなたの借金を減額しあなたが再生することに同意してくれなければ始めることができません。。

ここでうまくいかなければ個人再生という方法は選択できず

自分の資産を全て手放す自己破産をするという方法しかなくなってしまうのです( ̄Д ̄;)

 

自営業者の方が個人再生をする場合は1つしか選択肢がなくなり大変なんですね・・・。

確かに毎月決まったお金が入ってくるサラリーマンであれば

これからの返済プランに見通しもたちますが

自営業の場合はこの見通しが簡単にはたてることができませんから当然だといえば当然です。

 

借金もなくなるけれど自分の家も仕事もなくなってしまう自己破産・・・・

それだけは避けたいですよね・・・。

 

ですから個人再生をしたいと思う場合は弁護士に相談することが絶対に必要になってきます。

素人考えでなんとなくできるだろう♪なんて考えているととんでもないことが待っているかもしれません(゚◇゚)

 

弁護士はその道のプロです!

あなたに合った最善のプランをしっかり教えてもらいましょう(^O^)